温める場所

スポーツの影響からか、疲れからか体調が優れないので左右の肩甲骨の間にホッカイロを貼っている。
ここの辺りから肩、首を温めると、末端までの全身暖かく、寒さを感じない。

自宅にいるときも出来るだけ暖房器具は使いたくないが、厚着をして動きにくくなるのも嫌なので、肩周辺の温めを徹底している。
首には、オーガニックコットンの柔らかい肌当たりが気持ち良いタオルを巻き、フリースのブランケットを肩にかけている。

このとき、肩甲骨までかぶるようにする。
最近は、私のようにする女性が多いからか、首から背中までのフリースポンチョがよく販売されている。

背中全体がじんわりと温まり、手先や足首まで血が巡っているようでポカポカするので暖房いらずだ。
外出するとき、あまり厚着をできないこともあるが、肩甲骨ホッカイロとストールやファーのティペット、マフラーをできるだけ首から隙間なく巻いている。

こうしていれば、ミニスカートでも平気だから不思議である。
お灸の先生に、あなたは肩甲骨あたりを温めると良いタイプですと言われてから実践しているが、全身の巡りや顔の血色が良くなっている。

人によって、腰や足先など、温めるべき所が違うらしいが、肩甲骨を温めることを冬になる前に聞いていて本当に良かった。

首回りを温めて着る洋服を減らす

寒い時はとにかくどんどん着こんでいくことで、寒さをしのげると思っていたのですが、どうやらそれはちょっと違うようです。
もちろん、たくさん洋服を着れば温かくなることは間違いありません。

でも、たくさん洋服を着れば着るほど重くなるのはもちろん、動きづらくて快適ではありません。
筋力トレーニングをするつもりなら、そのような状態で行動しても良いのですが、もっと良い方法もあるのです。
寒い土地で暮らす上、できるだけ光熱費を抑えたいと思って生活しているので、洋服をたくさん着ることが少なくありませんでした。
でも、首回りをしっかりと温めることで、着る洋服を減らすことができることに気が付いたのです。
首に巻くのはマフラーでも良いですし、スカーフやネックウォーマーでも大丈夫です。
これだけで、随分温かく感じるのです。
このことを知ってから、私の生活は激変しました。
だるまのように着こむこともありませんし、何と言っても動きやすいのです。
寒さ対策に限らず何でもそうですが、ちょっとしたコツを知ると、ぐんと能率アップしたり得することが多いように思います。
ちょっとしたことであっても、その積み重ねで大きな差が生まれることも少なくありません。
ですから、どんなことも決してバカにできないのです。
今回、首回りを温かくすることでとても体が温かくなることは、自分の身を持って知ることができましたが、他にも色んな知恵を伝授してくれる人が周りにいます。
昔は軽く聞き流していたのですが、最近は凄く嬉しく思います。
得することをわざわざ私に教えてくれるという事は、それだけ私も良く思われているのではないかと思うからです。

«
»