肩こり撃退法

漢方薬の先生から聞いた肩こりが一発で治る方法は、窓ふきをすることだそうです。
腕を肩より上に上げてくるくる回す動きをすることで一気に滞った血が流れます。

ストレッチでこの動きをするよりも、実際にぞうきんなどを手に持って窓を拭くことで、力が入りますのでより効果があります。

最近は、窓掃除にはワイパーや持ち手の付いたスポンジを使用することが多く、あまりぞうきんやタオルでこすることがありませんが、久しぶりにしっかりやると気持ちが良いです。

引越をしてきてすぐ、カーテンをカーテンレールに取り付けたりしますが、そのときにだいぶ手間取ってしまい、腕を上げている状態が続きました。
じんわりと腕の血が肩に戻っていくのを実感しました。

レースカーテンとカーテンを計四枚付け終わったころには、体全体が温まっているのを感じました。
それからは、頻繁に窓ふきをするわけではないのですが、万歳をして鴨居の部分に手を付け、ぐーんと背中を反らせる動きをよくやります。

これは丸まった背骨を伸ばしてくれて、かなり気持ちが良いです。
マッサージなどで無理にほぐすよりも、きちんと血を流してあげることが大事だと気がつきました。

マッサージが好き

よく友人と「将来もしとんでもないお金持ちになったらまずどんな人を雇いたい?」という話をします。
皆が皆口を揃えて最初に言うのは「腕の良いマッサージ師」です。
パソコンを使ったり本を読んだりすることが好きな人が多いので、皆どうしても肩が凝ります。

私も例に漏れず肩こりが酷いので、皆の意見に大賛成です。
時々マッサージをしてもらいにエステなどに行くのですが、1回でかなりの料金を取られるので、そう滅多には行けません。
マッサージは一度でなく継続して行かないと根本治療にはならないので、その時は気持ちがよくても結局一ヶ月もすると元の凝りに戻ってしまいます。
また、整骨院にも時々行きます。
整骨院は保険もきくのでエステに比べてかなり安くマッサージが受けられます。
しかしそれでも1回に1000円はかかるので、週に1回の頻度で行くと月に4000円もかかってしまいます。
高くはないけれど安くもない、という感じです。
マッサージ師さんが一人うちに居て、いつでもマッサージをしてくれる、となったら、本当に幸せだと思います。
そうなったらおそらく、家にいる間はずっとマッサージしてもらっていると思います。
普段肩も腰も脚も凝っている分、一度それを全てほぐしてみたいです。
そんなお金持ちになる将来はこないと思いますが、いつ何時それが叶うような奇跡が起こるとも限らないので、少し楽しみにしつつ、夢だけは持っていようと思います。
因みにいつもその話の最後に「まあ結局、マッサージが上手な彼氏が出来ればそれでいいよね」という結論に達します。
私の今の彼氏は非力でマッサージが全然気持ちよくなく、寧ろ私がマッサージをしてあげる側です。
上手なマッサージを指南して、いつか私も揉んでもらいたいものです。

«
»