企業がやるべきこと

今の人は根性がない、すぐに諦める、くじける、仕事が長続きしない。
そう言って失業率の増加の原因を就職できない人のせいにしていると思います。
しかし、本当にそうでしょうか?

人を働ける人に育てる努力を社会全体で怠っているせいなのではないでしょうか?

働く人が育たない原因は、現場に人を育てる力や根気が無いからだとも考えられると思うのです。
育てる力がないから最初からできる人ばかりを求める。
出来ない人間はいらないという。

働く場も育つ環境も与えてもらえないのでは、失業者はどんどん増える一方。

規模は関係なく、どこの企業の皆さんも、どうか雇用の拡大だけでなく根気強い教育指導を。
くじけやすい就労者をくじけさせない工夫や受け皿が必要です。

が、それは雇われる側もしくは当事者でない第三者的意見でしかありません。
企業は営利を求めることが最大の使命であり、人材育成は手段でしかありません。
そこに投資するかしないかは、企業の方針であり、世の中が強制的にコントロールできるものではない。

ましてや昨今、ITを駆使したビジネスにおいては、仕事のスピードが求められています。
ますます人を育てる時間は減っていきます。

中学生や高校生ぐらいの頃から、なぜ、仕事や社会の仕組みについて、もっと時間を割いて教育しないのかが不思議でならないのです。
家庭でも、そこは手ぬるいでしょう。

そんな環境では、現代のビジネススピードについて行けるわけがないのです。
だから、宝くじに希望を持つ人が増えていったのでしょうかね。

ウワサをどこまで信用するのか

会社の経営状態が良くない、という噂が流れ続けていて、次第に辞めていく人が増えていっている状態でした。それでも、はっきりした根拠がないうちは、仕事内容や環境に不満があったわけではないので、続けるつもりでいました。
私が会社を辞める事を決めたきっかけは、毎年減額を繰り返しながらも出続けていたボーナスが、とうとうなくなったことです。その事で噂が現実味を増し、安定した新しい職場を求めて、転職を検討することにしました。

前の職場よりも条件が悪くなる転職はしたくない、という思いがありました。条件というのは、給与面だけでなく、職場環境についても踏まえて考えました。たとえば、多少給与が減額になっても通勤距離が短くなる、とか、配属される部署の人数が自分にとって働きやすそうである、とか、男女比、会社のイベントの頻度などです。
結局同業他社に転職しました。即戦力として採用されました。業務内容が同じなので、スムーズに新しい仕事を始めることができました。

失業手当を受給する事にしていたので、まずはハローワークの求人から職探しをしました。他、私は女性ですので、とらばーゆを利用していました。女性に特化しているので、職種等が絞られていて探しやすかったです。

自分が辞めたら会社や同僚が困る事になるかもしれない、と転職を躊躇する話をよく聞きますが、案外そんなことはありません。確かに一時的に大変かもしれませんが、抜けた穴はいつの間にか埋まっているものです。苦しい思いをして現状に甘んじる必要はないので、思い切って転職という方向に舵を切る勇気を持ってほしいと思います。

«
»